修行とビール



手外科修行時代の話・・・


僕は東京の手外科センターで

ご高名なお師匠先生の下


忙しくも楽しい日々を

過ごさせてもらった。


お師匠先生のご好意で

普通のたかがフェローじゃ

住めないような都心の

高級マンションに住ませてもらい

(景色が良くて、東京タワーも

スカイツリーも外苑も見える場所だった。)


手外科センターから自宅まで

徒歩圏内なので、


仕事終わりに

近くの

もう今はない(涙)

アイリッシュパブに


それこそ頻繁に

連れて行ってもらってた。


あと、風情ある

荒木町の飲食街にも


よく連れて行ってくださった。。。


いずれも新宿通りの

石畳の歩道を

歩いて辿り着く。



忙しい仕事の後、

そして綺麗な通りを

散策した後のビールの

美味いこと(笑)


手外科フェロー時代は

すごく忙しかったけど


今日みたいな

良い天気の夕方に


ふと

なんでもない

ありきたりで

豊かな日々を

想い出す。